ヴォーカリストはアスリート(Written by 鈴木美紀)

今週はNAYUTAS北千住校、鈴木美紀が担当します!

さて、ヴォーカルは、他の楽器とは成長の仕方が違います。

なにせ、楽器が生身なもので、買ってきてすぐに正しい音がなるわけでもなく、、、

順当に成長していくものではないのです。

 

上手く行った時ほど、「今、何もしてないんだけどな( ̄▽ ̄;)」と、感じることが多いと思います。

何故ならば、正しい発声にたどり着いた時、そう。

「余計なこと」

は、何もしていないのです!

 

「今、出来てたよ!」

「良かったよ!」

「何が?」

 

私、成長してるのかな?

習う前より下手になった気がする、、、

そんな時期もあるものです。

 

でもある時、

「あ!こーゆーことかΣ( ̄ ̄)!」

って気づいた瞬間、グッと上達したりもします。

ある意味、ヴォーカリストは、気づいたもん勝ちなのです。

 

感覚は人に教えられません。

でも、正しい方向に導くことは、出来ます。

 

入れてるつもりがない余計な力を抜くことはとても難しいかもしれない。

だって、入れてるつもりないんだから^^;

それを丁寧に、卵の殻を剥くように、ひとつひとつ剥がしていけば、あなたの本来持っている声が一番魅力的に響くのです。

ボイトレは、もっともっと楽しく、そして健康的に歌を歌う為のお手伝い。

新幹線に乗るようなものだと私は思います(笑)

少々高いかもしれない。

でも早くたどり着ければその分、その後の時間が有意義に使えると思いませんか?

 

ボーカリストはアスリート。

身体全体を使って、歌うための筋肉を鍛えて、歌いたい曲を思い通りに表現しましょう!

私たちが、全力でサポートしますから(^^)!